2017年03月17日

夢中になれるもの

今、私は夢中になれるものがない。前好きだったものはどうかなあと思って「シティーハンター」を図書館で借りて読んだのだけど、あんまりおもしろくなかった。前はあんなに好きだったのに。 変な続編みたいなものが出てがっかりしてしまったのもあるけど。 村上春樹の「騎士団長殺し」。姉の件があった直後に発売して、買ってきてもらった。 いつもなら、図書館で予約する→だいぶたってから予約した本がきて読む→さらに待って古本で買うって感じなのだ。最終的には買うけど、だいぶたってからなのだ。 でも今回は癒やしを至急必要としてたので、買ってもらった。図書カード1000円渡して残りは払ってねって感じで。 買ってもらった2日後に夜の8時から、翌日の午前3時までかかって、上巻を読んだ。 いつもの村上春樹で、私はとても穏やかに物語の中に入っていくことができた。私はとても満足した。 読んだ翌日ぐらいにネットの評判みて、びっくりした。賛否両論、過去作品の焼き直しとか書いてあったから。 でもとてもわかる気もした。「騎士団長殺し」って村上春樹の今までの題名になかったし、新境地を期待した人も多かったのかもしれないなあって。 私は手っ取り早い癒やしを求めてたので、いつもの感じがとても安心できたのだけど。もし、もっと前向きな精神状態で題名がいつもとは違うから内容も違うのではと期待したら、期待外れだったのかもなあ。 読む時の精神状態によって読後感も違うよなあ。「IQ84」も題名だけわかってて、どんなのかずいぶん期待して、女性側と男性側の視点が交互に入れ替わって進むと言うのが、今までにない試みで面白かった。 その次の長編、「色彩をもたない多崎つくるとその巡礼の年」はあんまりだった。いつもの村上春樹だし、悪くないのだけれど。うーん、って感じ。古本市で3冊500円で売ってたから買ったけれど、読み返してはいない。 村上春樹って読んでる人多いから古本にも並びやすい。私はそこを狙って買ってるのだけれど。 姉の件でそういう努力は本日に無意味に思えたし、虚しくなった。 私がものすごくけちくさく、安く買えて良かったとか、格安スマホにしようとか、がんばってた時、姉は月5万円を垂れ流してたんだなあって。 というか、私と母は障害者だから、医療証によって、医療費が安く済むけど、姉が倒れてたら、どうなってたのかなあって。たぶん医療費一番かかるのって姉だし。姉こそ老後に備えて貯金しないといけないのに。そういう見通しの甘さはなんか怖い。 早死にすると思ってるから?私が飛び降りた時も、医療保険無理だったけど、高額医療費制度でなんとかなったから? 私、姉に怒った時、生命保険解約して返せとも言ったけど、生命保険や医療保険は解約しない方がよいなあって思った。貯金がないから。 ただ姉はお金ってなくなるのが当たり前で、貯めていくって感覚じゃなくなったのは、私が突然飛び降りて、本当にどんどんお金が消えていったから。高額医療費助成制度がなかったら、破産だったし。 最初の14時間の手術の時は、高額医療費助成制度使っても、14万ぐらいかかって、本当なら、100万かかってた。破産するわ。確かに。
【関連する記事】
posted by とりあえず、やめとこ at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せっかく

iPhoneを買ったので、音声認識をしてみる。かなり聞き取ってくれる。でも、声質がよくないので、だめな言葉はとことんダメだ。句読点もちゃんとつけられるのが素晴らしい。だんだん、文字入力が面倒になってきたので。
作業所の事はまた新しい情報が入ってきた。それは知らなくてもよかったなぁと思う情報だった。でも新しい運転手さんのおかげで既に責任者にマイナスイメージがついていたので、そこまでショックじゃなかった。もう少し前の私だったら、かなりダメージをくらっていたと思う。
しかし、姉の裏切りによって、人に対して人間不信になってたので、そこまで強くダメージは受けなかった。本当に人生何が幸いするかわからない。順番が違ってたら、また違う印象を受けたはずだと思う。
姉がすごいどす黒い感情を隠し持ってたのに、全く気づかなかった私だから、赤の他人の作業所の人の気持ちなんて全くわからなくて当たり前だと思う。
そして、人は平気で嘘をつく生き物だと痛感したので、そんなにショックではない。ただ知らなくてよいことも世の中にはたくさんある。自分の精神を保つためにはそれもとても必要なことだ。
姉のショックから抜け出せてないので。
でも、眼を開けて、耳をすまして、全部見逃さない、聞き逃さないって決めた。だから、情報が入りやすくなってるのかなあと思った。
人の影を見るのは、なかなか辛い。でもその影を見つめるのが、今の私には必要なのだ。
いろんな事を自分の良いように解釈して、真実を見てなかったから。
しっぺ返し食らったなあと思った。
でも、姉の影を見るのが1番きつかった。だからその他のことはそこまでじゃない。とりあえず、赤の他人の事はそこまで信用してなかった、元から。何度も裏切られたことがあるから。姉は信用しきっていたので、失望もすごかった。まさに心をえぐられた感じ。姉の裏切りは私にとって、天地がひっくり返るくらいショックだった。
だから、後の事はいろいろ知っても、あーそうですかで終わる。
しかも、当事者である姉はもう終わったことだからで済ませている。姉、立ち直り早すぎ。
私だけが執念深く覚えている。
この気持ちをどこにぶつけたら良いのか分からないので、ブログをまめに更新している。
ほとんど憂さ晴らしに使っている。

私が悪いことは重々承知しているが、私もこれを機会に変わりたい。

姉と母にも変わってもらいたい。それが今のタイミングで1番よくできると思う。

何も見えてなかったし、聞こえてなかった。次々、問題を出されるのは、私に答えるだけの余裕ができた証拠かも。
前の私では無理だった。

風邪ひいて、心身ともに弱ってる気がする。無理のきかない年齢になったのだと思った。同時にここら辺で少し休みなさいと言われている気もした。

私にできる範囲で走り続けてきて、今は休息の時なんだと思う。
これ以上走り続けると、倒れるよって身体からの警告のように感じる。
去年と今年の冬シーズンで何回風邪ひいたことか。
40歳になるって事はかなり重い意味がある。今までは若さの貯金で乗り越えてきたが、貯金はすでにない。後はどんどん衰えていくだけだ。
それが嫌なわけではなく、むしろ心地良かったりするのだが、なかなか心と身体がしっくりこない。無理はせず、しっくりくる感じを待ちたい。
私にとって何が1番守りたいものなのかわかる時が来ると思うから。

もう生きている時間も限られているのだから、大切に使いたい。

なんかすごい病気になっても、後悔しないように。
posted by とりあえず、やめとこ at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

客観性

色々考えた結果、姉や作業所に頼るって、発想じゃなく、自分の足でしっかり立って、甘えないで、客観性を持って、物事をきちんと観察して、判断すると決めた。情報を集めるのは、とても大事だけど、誰かからもらった情報はその人の主張が入ってるから、鵜呑みにしすぎないで、裏付けをする。2ちゃんねるにはまってた時も、かなり鵜呑みにしてたなあと思うと恥ずかしい。嘘を嘘と見抜けないと2ちゃんねる使うのは難しいと前の2ちゃんねるの管理人が書いてた気がするが、本当にそうだなと思う。2ちゃんねるに限らずネットの意見って極端なのが多い。炎上したってよく聞くけど、炎上してる所までいってわざわざ見ないので、わからないけど、ほぼ憂さ晴らしなのではないかなと思うぐらい叩かれている。正義をふりかざせば、人格破壊してもいいって、ネット使うごく一部の人が思ってて、怖い。ネットリンチみたいな言葉も出てきたし、本にもなってた。匿名であるがゆえに無法地帯になっている部分も少なからずあって、なんとかならないのかなあと思った。非寛容社会って、誰かが言ってたが、本当にそうなってしまっている。ネット社会って、もっと夢にあふれた世界かなあと思ってたが、なんか人間がどこまで残酷になれるかを見せられてるようで、気分が悪い。私が2ちゃんねる中毒だったのが、悪いんだけど。2ちゃんねるをやめて、情報があまり入ってこないようにしたら、気持ちが軽くなった。マイナスの言葉をずっと読んでいるうちに、マイナスの波動を受け取ってたんだろう。 情報断ち切ると、すごく楽。情報過多なんだよなあ。プラスの情報を集めて、プラスに物を考えないと。元々マイナス思考なのに。ゴシップ好きでもあるので、マイナス情報ばかり目にしてしまう。 根本的に生き方変える時期なんだと思う。1人じゃ立ってられないから、情報や人に頼って、わかったつもりになったのはやめて、きちんと自分で立って、自分の目と耳で考えようと。 人に頼り過ぎるのは、本当にダメ。姉も母親と私に頼られ過ぎて負担だったと思う。一番最初のブログの記事読んだら、私は入院中も家帰ってからも「死にたい、殺して」ばっかりだったので、それを母親と私、両方に言われたら、それは姉もきついし、誰かに頼りたかったんだなあとわかった。 今日も風邪引いた私のために朝3時半に起きて、たい鍋作ってくれて、とてもありがたいが姉の負担大きすぎってつくづく思った。姉に家のこと、ほぼやらせて、文句ばっかりは本当にまずい。 家事、大嫌いだけど、少しは姉の負担を減らさなくては。 姉の件があって、我が家を俯瞰で見たけど、姉の負担大きすぎて絶句。 母親が1ヶ月に1回は、わめきちらすのも、もう麻痺してて、流してたのも異常だし。 母親は中旬の土曜か日曜にわめきちらすのものやと思ってた。もう完全に習慣化してて。実際わめきちらすし。 姉が休みと土日にわめきちらすので、完全に甘え。母も1人はだめで人に依存してしまうので、今は姉に全力で依存してる。それに私も妹だから、当然と乗っかって、姉はストレスだったろう。そりゃ成果の出る仕事に行きたがるし、仕事場がオアシスと言い切るのも当たり前かも。 母の性格は今更変えられないが、私は気づけたので、今からでも依存体質を治そう。
私は行動範囲狭いのに、よく物をなくす。
物を指定の位置に置くことができないから。「片づけられない女達」って本が出た時、まさに私のことだと思った。その時初めてADHDと発達障害だと分かった。子供の時は、もっとひどくて、まさに出しっ放しの散らかしぱなしだった。ものもよく落とした。大人の発達障害って本読んだら、怖いくらい当てはまっていた。今は障害もったせいで行動範囲が狭くなったので、あまり散らかしていない。
断捨離して片づけたいのだけどなかなかそうはうまくいかない。意欲はあるのだけど。進まない。
でも、部屋の状態が頭の中の状態と一緒と言うから、なるべく整理したい。今もやっぱりごちゃごちゃしている。それが心地よかったりするから、始末が悪い。断捨離で身も心もスッキリして、人生よい方向に変わったと聞いてるので、やっぱりきれいにしたい。高望みじゃない普通の幸せをつかみたい。地に足がついた。理想ばっかり追い求めてちゃダメだ。もう少し現実を見ないと。
それが自分を客観視することにつながると思う。
posted by とりあえず、やめとこ at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

あてにしてはいけないなあ

姉に裏切られてから、姉ばっかりに依存してはいけない、もっと興味をいろいろな所に向けようと、作業所に注目した。今までは、仕事してればよいのだろうとあまり周りに注目してなかった。一緒に働いてる人の名前も新しい人がどんどん入ってきて、うろ覚えだったので覚えなおした。 そして、今までは周り見てなかったのでわからなかったことが周りを注目しだして、だいぶわかった。私の近くにずっと作業とは関係ない編み物してる人がいて、この人のことが気になっていた。この人は六時間勤務なのだか、私が1時でいなくなるから、1時から仕事します、って謎の理屈言われた。二回続けて。送迎の車来るのが遅いので、1時から仕事してるのみたが、やっぱりだらだらやってるし。失敗しても大丈夫なことやってるので、下手に張り切られて、作業が滞るよりはって感じで編み物なんだろうか。その人以外はちゃんとまじめにやってるのに、その人がいつも、視界に入るせいで、これが許される職場って甘いなあって思ってた。作業所だから、いいのかとごまかしていたが。 本当に色々な障害の人がいてて、たぶん面接にきた人、ほぼ受け入れてるんじゃないかな。私もA型は難しいと思ってたが、すんなりはいれた。声が出ないと言う理由で他の作業所全然断られた人も入ってると聞いて、良い作業所だと思った。 ただ、利用者には良い作業所なんだけど、職員にはきつい作業所ってこともわかった。昨日で辞めた運転手さんが色々ぶちまけてくれた。運転手さんは、幼稚園バスの運転手、タクシー運転手、長距離トラックの運転手をやってた人で運転はとてもうまかった。前の運転手さんは運転が荒く、評判悪かった。同乗者がひきつけ起こしてしまったくらい。私と違う電動車椅子の人は大型なこともあり、うまくベルトができなくて、車内で車椅子が動きまくりでジェットコースター乗ってるみたいと言ってた。そういうことがあって5日連続くらいで怒られたのに、本人はどこふく風って感じだった。全然気にしないタイプ。やばいんじゃないかなあって思ってたら、案の定、事故起こした。プライベートな時の事故で、自転車と接触。自転車も交通ルール守ってなかったらしく、物損事故ですんだが、悪いことに利用者さんに見られてた。その人がおしゃべりな人だったので、噂は瞬く間に広がった。私は一階なので、そこまでじゃなかったが二階はその話でもちきりだったらしい。私もなんとなく伝え聞いてた。噂ってやっかいだよなあ。話が大きくなるから。特に事故を見てた人がいる分、真実味がますから。どうなるのかなって思った。何日か後、責任者から、話があった。 「知ってる人もいると思いますが、運転手さんが事故を起こしました。幸い、両方ともケガはなく、物損事故ですみました。前々から、運転手さんの運転について、苦情が多く、事故起こしたので、送迎は無期限停止にします。運転手さんには、お弁当を運んだり、洗車やガソリン入れてもらったり、裏の仕事してもらいます」と。私は納得したのですが、二階ではその人が辞めるまで、話が進んでたので、無責任に噂って大きくなりすぎ。そういう事情があって、裏に回ったのだけど、新しい辞めた運転手さんはそんなこと知らないから、ガソリン入れるのも、洗車もその人に任せすぎと怒っていた。新しい運転手さんは社会保険があるので、入ったらしい。時給聞いたら900円で、安すぎと驚いた。月給でもらう所をその人は時給でもらってた。運転手さんなんて、命預かるから、すごく神経使うのに、安すぎと思った。最低賃金888円なのに。そして、私達も最低賃金もらってるのに。12円しか変わらんのと驚いた。2日目に辞めようと決めたそうで、それは、もう一人いるしゃべらない人を駅まで、迎えに言ってくれとむちゃぶりされたから。 その人の顔も知らないのに、行かされたと前にぐちっていた。しゃべらない人について、あまり知らされてなかったらしく、しゃべらないので困った。五分くらい乗ってくれなかったと。作業所に電話したら、しばらく待機と言われて、しゃべらない人も緊張してるし、作業所向かった方がいいんじゃないかと、言っても、待機で25分くらい待たされて参ったといってた。その時に辞めようと決めたのだろうなあ。 面接の時は送迎終わったら、二時間休憩がありますと言ってたのに、全然なくて、責任者に抗議したら、名目上ですと言われたって怒っていた。ハローワークに抗議したろうかと冗談っぽくいってたけど、本心なんだろうなと思った。その他にも、6時半まで残らされて、5時40分に帰ろうとしたら、6時まで残ってくださいと言われ契約は6時までだけど、6時半まで残った時の残業がつくわけじゃないので、早く帰れる時は帰りたいと。あと、前の運転手さんの件があったので、安全運転してくださいばっかり言われたのもカチンときたらしい。 口のきけない人は、動作がゆっくりしてて、ニコッと笑うのが、かわいらしく、姫、姫呼んでる人がいて(編み物の人)人気あるなあって思ってた。 でもその運転手さんが言うにはあの人、割と早く歩きますよ、作業所についたとたん、ゆっくりになる、あの人賢いですよってことで、作業所でゆっくりなのは演技なのかとちょっとびっくりした。人見て態度変えてるんだなあと。その運転手さんには笑顔なんてなくて、いつもにらまれていたと。意外だった。だから、僕はあの人乗せるのはごめんですと。話、聞いてたら、この人きつい人だなあと思った。人に上から言われるの嫌そうな感じ。次の仕事はタクシー運転手に戻るので、良かったなあって思った。タクシー運転手は社長ですからって言ってたので、上から指示されまくりの作業所は全く向いてなかったんだなあと。 私が2日目失敗して、慰めてくれた指導員のことはほめていたが、もう一人の指導員はぼろくそだったし。後、運転手やめされられた人のことをよく思っていて、色々相談したっぽい。運転手やめされられた人は人は良いので。まあ、無理はないかなあ。なぜか給料が1日分少なく経理の人に抗議したら、来月にまわしますと言われたのも、カチンときたらしい。本社に運転できない人に頼んで、色々抗議してもらったらしいが、余計なこと言うなと運転できない人が怒られたらしく、そこは申し訳なさそうだった。運転できない人の経緯を説明する訳にもいかないし、もう辞めてしまう人だから、運転できない人は良い人だったと思って辞めて欲しいと思ってあえて何も言わなかった。2日で辞めようときめてたのに、私達利用者の前では、ポーカーフェイスで感情を出さずにやってくれたのもありがたかった。 確かに、責任者さんともう一人の管理者さんは言葉足らずな所がある。 朝、送迎が遅れて作業所ついて、タイムカード押せないことがあって、手書きで書いてくれて、タイムカードはどうしたらいいのかなと思ってたら、そのまま押してくださいと言われて、何もしないで、押したら、手書きの所とかぶっておかしいなと思ってた。違う人が責任者さんに聞いてて、「退出の所押して、カードいれたら、退出の所に時間がつきます」と言われてて、謎が解明できた。管理者の人言ってくれよ、わざわざ聞いたのに。たぶん常識なので、説明するの忘れてたんだなあと。疑問に思いつつ、聞かなかった私も悪いけど。 でもこれからは退出押したらいいんだと、早めにわかって良かった。なんでも聞き耳たてておくもんだなあと。 ほぼ周りのこと、気にせず、作業してた私が色々見ると、目を見開かれたような新鮮な発見がある。 今までは良い作業所にこれて良かったなあだけだったのが、もしかしたら、この作業所問題多いって気づいた。 責任者の目標は100人利用者を増やしたいらしく、新しい人をどんどん入れてる。その半分が事故を目撃した人の前の作業所の人で、その人が声かけて、引き抜いている、なんかみんな知り合いっぽいのでずっと疑問だった。問題にならないのかなあと心配してたが、責任者も人増やしたいから、黙認なのかなと。受給者証見たら、前どこの作業所いたかは丸分かりだから。今で八十人くらいいるか、100人の目標までもうすぐで、3号店作る噂もあったりする。去年8月に事業所立ち上げて、今年2月に、二号店ができて、速いペースと思ってた。去年の11月の親睦会で、作業所に60人入れて、20号店まで作りますって宣言してて、遠い目標を言ってるのかと思った。あっという間に60人集まって2月に二号店できたので、11月の時点で二号店作るのは決まってたの?と思った。事実私が体験にきた10月はまだ人数少なかったのに、11月に入社した時は人がいっぱいでその後も加速度的に増えて行った。最後の方はロッカーが足りずにかごに入れてた。あまりにも急速に一人入れすぎと思ってたら、二号店ができますと発表があった。早いなあ、最初の頃は仕事ない日もあったのに。仕事が増えて軌道にのったらすぐ二号店かあ。そして一号店と二号店にわける面接をし、利用者は分かれた。 蓋を開けてみるまでどうなるのかわからない状態で、始まってみたら、やっぱりバタバタだった。2つ行くので、送迎は混乱したし、その状態でも新しい人がくるので、わけわからなくなった。でも送迎ありなのが、作業所の大きな売りなので、ちゃんとしないといけないし。9時過ぎてしまうことも何度もあった。だから、タイムカード問題が起こってしまうのだけど。最初はタイムカード遅れる時は予め押してくれてたのが、半分くらいが遅れるので、押してくれなくなった。面倒くさくなったのかな。忙しいし。連絡事項もうまく回らなくなった。前は3日分ぐらい送迎の時間をボードに書いてくれてたが、今は1日後しかわからないので、休んだら、いちいち電話しないといけない。それも最初は管理者が電話してくれてたが、把握しきれないので、利用者が電話することになった。その説明を私が休んだ日の朝礼でしたらしく、伝わってなかった。次の日の昼礼で、昼からくる人に説明するのを聞いてわかった。 利用者でも、そんな感じなので、忙しい職員同士は伝達ミスだらけになった。 なんか見ててもバタバタしてるし、意志の疎通できてないのが、丸分かりだった。 そのバタバタの2月15日に新しい辞めた人がきて、1ヶ月で辞めるハメになったのは申し訳なかった。 でも私としては利用者にはすごく優しい責任者や管理者が同じ職員にはきついのが、わかって良かった。利用者には対等じゃないから、優しいんだなあと。 特に責任者の人はこんなによい人が責任者なら入ろうと決めて入ったので、夢見てた。でも最初の面接とお給料のことがわかったら、あまり関わらないでおこうとも思った。心の中で冷静な私が、こんないい人いるわけない、夢みてたかったら、あまり関わらず、遠くで見とけって警告してたのだと思う。 管理者の人は初めからきつめの人だと思ってたので、冷静に判断してた。責任者の人が男性で管理者の人が同性なのも、かなり大きいと思う。 目安箱と言うのを設置して、意見書いてくださいねって言うのはよいことだと思った。 責任者の人は結婚してて、本人も結婚してるのに、責任者に本当に恋した利用者さんがいて、手紙で、責任者さんの好きなタイプの女性は?嫌いなタイプの女性は?と質問して、責任者、まじめなので、答えたらもっとぐいぐいこられるかもと思ったのか、管理者に、こういうこと聞いたら困るって呼び出して注意したらしい。 まあ、利用者が責任者に恋するってありがちだけど。 利用者同士でも恋の花が咲いていて、私は全く気づかなかったがよく観察しだして、すぐ目についた。なんか、送迎の車が一緒だから、うれしいやろうと冷やかしていたので。恋がしたい、独り身なのでとよく言ってる人は2階ではある利用者さんに、「1日彼氏になってください」とかバレンタインデーにチョコあげたらしい。恋がしたいと言ってる人は彼氏いない歴=年齢なので、とにかく恋がしたいらしい。29歳なので、少し焦ってるのかなとも思う。昔の自分を見てるようで、ハラハラする。私も死にかけた後は彼氏もいないまま終わるの嫌だって、障害者の恋愛掲示板や、出会い系してたから。たくさんの人にあった。でも、障害者の私にわざわざ会いたがる男性だから、健常者の女性に相手されてないってことだから、ろくな人がいなかった。あってすぐ、結婚してくださいが4人いて、私の何を知ってるねん、とりあえず結婚できたらなんでもいいねんなあと思った。 あってすぐ、エッチしたがる人も何人もいた。やり目というか。私も好奇心いっぱいだったので、応じた。私、経験ないけど、へたくそな人が多かった。よく性病とか移らなかったな、妊娠しないで良かったなあって思った。コンドームはしてもらいましたが。というか、あれだけ手当たり次第あってて、危ない目にあわなくて本当に良かった。姉はその時点ですでに詐欺師に騙されてたのに、私の男漁りには厳しく、「やめとき」って、きつく注意された。今思うとどの口が言ってるねんって感じだが、自分が騙されてるから余計心配だったのだろうなあ。私は大体おごってもらってて、たまに割り勘の時もあったけど、損はしてない。色々な人と会うのは楽しかった。初対面の人とうまく話せなかったのが、それでだいぶましになった。姉も寂しかったんなら、出会い系で、男性探しまくれば良かったのに。姉は健常者だから、もっとましな男が引っかかる。詐欺師に癒やしを求めるなよ。姉が出会い系にはまって、百人斬りしたと言われた方が全然良かった。大金が絡まないし。もう出会いがないから、引っかかることもないと、本音はいてたが、そんなこと言ってるようじゃまた引っかかっりそうで、心配だ。姉は結婚とか恋愛はいいわ、私と楽しく暮らすって何度も言ってたのに、陰ではだまされてたのかと思うと、こっちがだまされてた気分。姉みたいな人でも、不倫するのだから、そりゃ世の中の大半の人はチャンスがあれば不倫してしまうよなと思った。ネットが発達して、出会い系だけじゃなく、ネットゲームやSNSからの出会いもふえてるし。私は一時的に男漁りを真剣にしたが、おかげで恋愛に夢も希望もなくなった。身体障害者が真剣な恋愛するのって、とても難しい。寄ってくる男性はろくでもないし、体目当てだし。でも、なんとか一人の人と半年は付き合えた。でもその人のこと全く好きではなかった。ただ男性と付き合えただけで満足だった。その人はマメな人で、デートする所の下見をしてくれる人だった。でも風俗嬢500人知ってる、彼女達を尊敬してるってエッチ終わった後言われて、うそーんとなって、別れた。風俗嬢はキャバ嬢も入ってるらしく、全員と関係持った訳じゃないけど。それをエッチの後、言われた私はどうしたら良いのか?病気持ってないのかとか心配した。なんでも正直に言えば良いってものじゃないしと痛感した。お弁当作りあいっこしようねとデートで約束して、お弁当作ってこなかったのも、どん引きした。なんでも最初は父親に、相手に作らせて見ろ、と言われて、従ったらしい。父親が教育委員会の人で、何かと言うと父親がって言う人だった。好きになれないし、お弁当と風俗嬢の件で冷め切ったので、さよならした。好きな人じゃないとキスが気持ち悪い、特にディープキスは気持ち悪過ぎてはきそうと言うのも発見だった。なんか、本読んで恋愛に夢見すぎてたなあって。恋愛ドラマの影響も大きいのかもなあって。私的には肉体関係のない恋愛が良いと思った。エッチするとき、足が曲がらないのもハンディだった。うまい人じゃないとうまく入らない。健常者の時、やりまくれば良かったと思った。 でも姉も実は詐欺師と恋愛ごっこみたいなのしてて、うまく転がされてたんだなあと思った。 作業所の恋がしたいと言ってる女性は、「今度、23才の男の子と会うねん」って、でっかい声で言ってて、近くの人に「大丈夫かあ?」って言われてて、私も大丈夫かあ?って、思った。焦り過ぎて変なのに引っかかっりそうで、とても心配だ。 バレンタインデーにチョコあげた作業所の人とはあまり進展してなさそうで、なんだかがっかりする。ホワイトデーにお返しはもらったらしいけど。 私は姉に裏切られて、作業所に頼ろうとしたけど、そもそも頼るって、発想が間違ってるって気づかされた。
posted by とりあえず、やめとこ at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

とどきますように

宗教の人から、歌の歌詞なんて、意味ないと言われた。本読んでる私を見ては本読みすぎると言われ、来世は蛇になる、人間はこれで終わりだから、最後に本読んだらよいと捨て台詞吐かれて、去っていった。
本読まないで、私についてきたら、本読んでても、教えてくれないこと教えると言われ、少し心が揺れたが、来世蛇って言われてまで、ついていかなきゃいけないのかと思ったし、宗教の人から押しつけられた阿字観で、宗教の人と阿字観した時、月が全く見えなかったのが決定的かなと思った。もし月がありありと見えてたら、もう少し付き合いが続いたかも。でも来世蛇になると言われ、ひどいこと言う人だなあと母に宗教の人、ヘルパーとしてくるのやめて欲しいって、相談したら、母が大騒ぎ起こして、くるのやめになった。母も見捨てられて、守護霊が守るのやめたから、糖尿病になったと言われた。姉は長生きしない、精神を病む、私は、来世蛇になると一通りお経教えたから、後は勝手にやって、もしついてきても最後にあなたが手を離してしまう、書いてみるとボロクソ言われてるなあ。1度は信じてついてきた人にひどい言いようだな。この前くらいに厳しくすると予告されたけど、厳しくするのとボロクソ言うのは違うって。集会にも1度だけ参加したけど、他の人は先生って感じで、崇めていて、私はヘルパーの〇〇さんって言う意識が抜けなかったのもまずかったような。
ラインで1度つながったけど、アップデートして、初期化して、ラインにはつながらなかった時点で終わったなって思った。元々終わってた物をつなげようとしたことに無理があったんだけど。

まあ、最初は心酔してたし、すごい人と思ったけど、長く付き合ううちにアラが目立つようになったのも事実だし。

この人には全否定されたけど、私は歌詞の力ってあると思う。

B'zの稲葉さんが好きで特にソロの時の歌詞はなんかすごいと思う。

私が、姉の件で夜明かしした時に、稲葉さんのソロアルバム「志庵」に入ってる、「とどきますように」聞いて泣いた。
「わかるもんじゃない  そうは簡単に  人の気持ちなんて  ねぇ?神様ねぇ?」と言うのがその時の私にぴったり過ぎて後の歌詞もそうだよねって感じで思わず泣いた。
歌聞いて泣くのはBUMP OF CHICKENの「K」以来。あれは歌詞も良かったけど、パソコンでフラッシュ見て泣いた。歌詞が物語になってるから、絵を見て、本当に感動した。

稲葉さんの歌詞は相当好きで、この状況の時はB'zのあの歌がぴったりとか思う。

「とどきますように」がばちんとハマって泣いた。その後、「泣きながら」を聞いた。
「泣きながら」はいい歌だと思ってたけど、いまいち歌詞がピンとこなかった。
病院、入院してた時も泣きながら1日は終わったことなんてなかったので。それはどんな状況で訪れるのか。姉が死んだ時かもしれないなあと漠然と思っていた。

それが思わぬ形で泣きながら1日がまさに終わるなあと思った。

うん、人生は本当色々ある。
posted by とりあえず、やめとこ at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする