2017年10月01日

そういうことか

母の真意を確かめたいので、日曜日に面会に行った。土曜日に電話かかってきて、金曜日に大便もらしてしまって、汚れものを取りにきてほしいと。でも金曜日はお風呂入れる日なのに、入らなかったらしい。パンツ二枚、ズボンまで汚れたのになぜ入らなかったのが疑問だった。 そして日曜日に面会行ったら、私達の顔見るなりトイレ行って、トイレに姉だけ呼んだ。「秘密の話がある。トイレが間に合わなくて大量に大便もらした。後始末もできなくて婦長さんに全部やってもらった。今すぐ老人ホームに身一つで移られへんやろうか?」と。大体聞こえてるし。でも私にはプライドがあって、話せないんだなと。大体母、意外にプライドが高いので、大量に大便もらしたこと自体が許せなかったらしい。自分自身を。 私がトイレから、面会用のテーブルにきた母に「本当に老人ホーム移るの?ごはんまずかったら、どうするの?」って聞いたら、「ごはんはまずそうに見えなかった」と返事がきた。姉が見学の時ごはん見とけって言ったのを実行してたらしい。でもごはんの業者が10月から変わるし、大丈夫かなと思ったが、母は大便の件がとてもショックだったらしく、なんとか今すぐ老人ホームに移れないかと何度も言ってた。 老人ホームの責任者が病院にきて、ケースワーカーさんが、母の病院での生活態度などを報告し、母も交えて、面談するので、とんとん拍子に行っても三週間はかかると姉が言った。10月末ぐらいじゃないと無理と。母は自分がOKしたらすぐ行けると思ったらしい。たぶん大便もらしてなかったら、待てたのだろうなあ。そんなにショックだったか、母。机に突っ伏して、「早く移りたい。頭が混乱してなにもできない」はいつもより、精神的に追い詰められてる感じがした。そして母の話聞いてるこっちもどんどんしんどくなった。生気吸い取られる気分。 風呂に入らないのは自力で入らないといけないから。最初のうちは入浴介助してもらえたみたいだけど、本当は自力でできるやん、甘えてるだけやんというのがバレたらしい。そういう所、病院厳しいな。入院してる人数も多いし、自力でできることはさせる、その方が本人のためと考えるみたい。老人ホームいったら、ヘルパーさんが介護保険の範囲で入浴介助してくれるらしい。行くところが住宅型有料老人ホームなので、家賃と食費と共益費など払った上に介護保険のお金も払わないといけない。要介護2の一割負担。家賃と食費、共益費は年金で収まるがこの介護保険を払わないといけない。でも最高二万までなので払う。 それぐらいはしなくちゃいけない。育ててもらうのにお金かかってるし、私が飛び降りた入院費も、母と姉と私の口座から、うまく回しながら払ったらしいので。 姉が詐欺られたのバレて良かった。  私が作業所A型行けてお給料増えて良かった。  なんかタイミングがよい。 姉が詐欺師に今でも月5万払ってたら、私がB型の安い賃金の作業所行ってたらと思うとゾッとする。 やっぱりちゃんと、神様か仏様はいてて、然るべきタイミングにうまく取り計らいしてくれるのかなと思った。 ただタイミングいい、運がよい以上の意味をやっぱり少し考えてしまう。 母がものすごくうざかったのも、離れてみないと気づかなかった。ずっと母と一緒で麻痺してたから。うざいと思いながら、親子が暮らすのは当たり前だし、母がおかしいことも当たり前だった。 ケアマネさんに粘着して、あなたのお母さん、普通じゃないですよ、私じゃ手に負えないので、精神科入院させましょうと行動で示された時もえっ、入院させるのって驚いたぐらいだった。母がおかしいのに麻痺してたから。 でも他人さん(ケアマネさん)からすると、電話かかりまくりすぎて、手に負えないと判断された。 そうか、母はそんなにひどいのかと納得した。 入院した後はバラ色で、でも退院してくるんだろうなあと思ってたら、家に帰らない方がよいと老人ホーム勧められ、また驚いた。 ほとんどしてないけど、介護放棄していいんだと。 母は愚痴が多すぎて、参ってたから。 デイサービス行く、行かんと迷って、説得するのもしんどかったし。 そもそもしんどくなかったら、家で介護してるし。年金でほぼ賄えるとはいえ、ずっとお金が出て行くのだから。 そうなった時に困らないように詐欺られてるのがばれ、私が給料と障害者年金で、母の年金で足りない所を補えるのは天の采配なのかと思う。
【関連する記事】
posted by とりあえず、やめとこ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

あっさり決まった

それから、しばらくケースワーカーさんから、連絡がなく私がやきもきしだした9月27日の水曜日、連絡があった。私がいいなと思った機械浴あるところはやっぱり満室で空きもでそうにないとのこと。ケースワーカーさんが懇意にしてる老人ホームに見学行くのに決まった。母は見学までに時間があくと、ドタキャンしたくなるので、次の日に見学行くことになった。 姉が会社早退して、午後5時から、見学と決まった。ケースワーカーさんが懇意にしてるってことは病院側とも懇意だから、病院にくる用事があって、一件用事を済ませて5時に迎えにきてくれるとのこと。融通がきいて良かった。 でもやっぱりそこは母なので。ケースワーカーさんから、明日見学行くことに決まったと伝えられた後、ケースワーカーさんや看護師さんに散々「しんどいので、見学行きたくない」とだだをこねたらしい。なだめすかしてなんとか行ってくれたらしい。 姉はケースワーカーさんと看護師さん2人から、だだをこねられたと苦情を言われたらしい。お母さんのことだから、話しやすそうな看護師さん捕まえて、だだこねたんだろうなあ。「行きたくないんです。どうしてもいかなだめでしょうか?」って。 目に浮かぶし、そういう愚痴を聞きたくないから、老人ホーム行かされるんだしなあ。こっちが振り回されるのしんどくて。 説明では狭いと一番に言われたらしい。どうかなと思ってた。見学の時、案内する人が「狭いですが」と恐縮しながら、部屋を案内したら、母の目が輝き、「こじんまりしてるのがよい」と即決だったらしい。トイレまで5歩くらいしかあるかないのがよいらしい。確かに家でも10分おきぐらいトイレ行ってたわ。雰囲気もよいらしい。姉が言うにはペンション風というかロッジ風らしい。 姉は母が即決したので、喜んで電話してきた。私としてはもう2、3カ所みて欲しかったが、「母がすごく気に入った」を主張された。 病院に帰ったら、即決した母に対してケースワーカーさんが「他の所、行くの面倒くさいから決めたんじゃないですよね?」としつこく聞かれたらしい。ケースワーカーさんの心配もわかる。ケースワーカーさんは姉がなるべく急いで見学したいと言ったので、他にも見学の予約入れてくれてたようだが、母の決意が強かったので、予約はキャンセルしてくれたらしい。母は体験入居しらしないで、すぐ入りたいらしい。せめて体験入居はしてくれと思った。でもあっさり決まって驚いた。
posted by とりあえず、やめとこ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

なかなか

9月9日に母の入院1ヶ月経過と今後についてきいた。入院して最初は落ち着かずナースコール押しまくっていたが、だんだん落ち着いて、最近は減ってる。体が痛いのは本当だとは思うが、「体が痛い」を理由に何もしようとしない。だが、がんばって一人でやってもらうと思ってるよりできる。精神の薬は入院前は増えていたが、だんだん減らしていると。 退院後は住宅型有料老人ホームを勧められた。ケースワーカーさんはすでにいくつか候補をピックアップしてくれていた。母の年金で行ける所を探すが、少しオーバーしてしまうかもしれないこと。それでもかまわないので、探してもらう。 母は日中、家に人がいないのが嫌で、ナースコールで呼んだら、すぐ看護師さんが来てくれるのがよいらしい。 それとウォシュレットにこだわりがあり、とにかくウォシュレットのあるとこ希望らしい。 私は家から少し遠いけど、ウォシュレット付きで値段も安く、機械浴がある所がよいなと思った。希望は伝えた。 ケースワーカーさんのお勧めは少し予算は出てしまうけど、ケースワーカーさんが何度かそこに入院してる人を入 れてて、担当の人とケースワーカーさんがつながってる所だった。そこは家から近いので、そこもありだなと思った。 母を呼んだら、やっぱりウォシュレット付きが一番の条件だった。帰りに「家から近いですか?」と聞いてたが、本当についでだったと思う。 ケースワーカーさんはとりあえず老人ホームに電話してもらう。もし空いてなかったら間抜けなので。その後見学とのことでした。 話はそこで終わって、母と3人で母の部屋帰ったらすごい目で見られた。 見てるのに、見てない目つき、私がそこにいるのなんて自分には関係ないと。 私はかなりショックだったけど、姉に言わせると母のあの目つきを見るのは二度目だったと。5分で帰れと言われた日、あの目だったと。お母さんがすごく遠くに行ってしまってもう帰ってこないんだなあと思った。なかなかきつい。
posted by とりあえず、やめとこ at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

母が入院してる。 ケアマネさんの強い勧めがあって。 精神科で「死にたい」と漏らしたらしいのだ。 ケアマネさんも母の電話攻撃にいいかげんうんざりしてたのか、すぐに話がまとまった。 そして入院して三週間。 もう家の中が気楽で気楽で。 やっぱり母重かったのだ。 でもあまりに慣れすぎたら、母が帰ってきた時、困ると思ってた。 でも病院のケースワーカーさんから、電話かかってきて、9月に入院1カ月の経過と今後どうするかの話し合いをする。その時ケースワーカーさんははっきり母は施設に入れた方がよいのではと言われた。 入院で、楽を覚えてしまってるのは、母も同じで、私達家族の世話ではもう無理なんじゃないかと。 はっきり言ってとても驚いて動揺した。 なんとなく母は帰ってくるものだと思いこんでたから。 でも主治医もケースワーカーさんも三週間の母の様子を見て、施設行った方がよいと言ってくれたので、そうしてもいいんだとほっとした。 のびのびした空気を吸ったら戻れないもんなあ。
posted by とりあえず、やめとこ at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

小さな悩みが解決した

ずっと気にかかっていることがあって。 パソコンでネット接続ができない。 でも、スマホで事足りるので、ほっといた。  フレッツ光ネクスト隼に変えないかとNTTに言われ、変えた後、ネット接続してもらったらすごく苦労してて、原因は「Windows10にアップグレードしたこと」だった。同じような症状の人がいたらしい。Wi-FiがONにならないのだ。 NTTの人は有線でつないで、ドライバーをとってきて接続してくれた。何日間かはつながったけど、またつながらなくなり、色々触ってたら、初期化という画面になり、これやと思った。これで、Windows10から、8.1に戻せると歓喜した。 自分の作ったファイルは残すにして初期化、1時間くらい待ったら、Windowsを設定しますとなった。初期化終わってデスクトップの画面になったら、すでにネットにつながってるマークが出てて、確認したら、つながってた。大感動!! 何か設定しなきゃいけないと思ってたので。 二度とアップグレードせんとこうと思った。そんな罠があるなんて思わなかった。 Windows10にしたら、もうこれ以上OSの更新しなくていいと思って、自らしてしまった。いらんことせんでおこう。
posted by とりあえず、やめとこ at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする